さくら

0


    学校の桜、綺麗に咲いてます。

    三年目にして

    0
      二つの高校の兼務になりましたorz

      0




        土の入れ替えの季節になりました。

        天気の良い日を選んでぶちまけます。

        様子を見るに、水をやらな過ぎてカラカラになっていたり、太陽光に当て過ぎまたはコンクリートの反射光が強すぎたのか、日焼けしてしまったものが多かったです。

        頑丈なバニーカクタスすらへばっているものもありました。

        こまめにチェックしないとだめですね。




        コイツは昨年根を全部切り落として、新しい根が生えるように期待した奴です。

        形は大分歪んでしまってますが、また花を咲かせることができているようです。




        購入時には親指の爪程も大きくなかったチビたちも、元気にしています。

        搬出はまた後日

        0


          現代の創造展無事終了しました!

          御来館ありがとうございました。

          一部分少し欠けました。

          K.TEMPEST

          0


            シェイクスピアの「テンペスト」という作品、その演劇です。


            演劇部の主顧問の先生が、生徒たちに見せたいといってチケットを持ってきました。

            伊那市文化会館にて19時より開幕でした。

            みんなで見に行きました。


            凄かった。

            二時間の舞台、中弛みなく、ずっとハラハラ魅入ってました。


            まず舞台の作り方からして発想が面白かった。

            大ホールのステージの上に客席と場を作り、360度から演者が舞う場をすぐ側で眺めることができます。

            低い席に座った客は、劇の舞台である孤島の石に、高い席に座った客は、木になったかのような視点で観劇できました。

            また脚本の「潤色」の幅の広さを理解しました。

            この領域まで演出して解釈を広げていいんだなとウロコが落ちた気分です。

            原作中にでてくる一つのフレーズを演劇の芯にして、導入から締めまで引き締める構成がとても印象に残ります。

            演技は当然ながら、楽器で出す音や動物の声、精霊の響きなど、多重で多層な演出の細かさには、その存在感に圧倒されました。


            高校生でこのクオリティは...無理だな。

            当たり前ですが。彼らはプロです。

            それでも、何か一つ、この劇を見たことで得た物を、自分たちの劇に活かして欲しいですね。

            calendar
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << June 2017 >>
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM